ロゴ

龍神コッコとは、山深き龍神村で古来より大切に飼われ続けた、和歌山県固有の地鶏『龍神地鶏』と ロードアイランドレッドを掛け合わせた、和歌山県の特産地鶏です。

メインビジュアル

幻の龍神地鶏を原種に開発

龍神地鶏とは、龍神村を原産地とした日本鶏の一つで、龍神村の旧家で明治時代以前から代々受け継がれ飼育されてきた、 歴史のある貴重な観賞用小型日本鶏です。メスは1枚ずつの羽に黒い縁取りの鱗模様があるのが大きな特徴。 オスは他の日本鶏にも多くみられる、赤笹模様。その特徴のある美しい羽模様から、観賞用としてほんの僅かだけ飼育されていましたが、 繁殖能力が低いこともあり、絶滅の危機に瀕しておりました。 絶滅が危惧されるほど飼育数が少なかった為、2012年から和歌山県畜産試験場養鶏研究所で、龍神地鶏の保護研究が開始されました。

龍神コッコ

龍神コッコ

  • point_01
  • 体が小さい品種なので、たまごのサイズも小ぶり!
  • point_02
  • 卵黄比率が多く、旨味成分グルタミン酸の含有量が一般卵より多い!
  • point_03
  • たまごを産む数が少ないので、希少!

ロゴ

自然豊かな龍神村で大切に育てられた、小さなコッコが産んだ小さなたまご、ぜひご賞味ください!

龍神コッコの小さなたまご

龍神コッコの小さなたまご

販売店
道の駅・龍游館
とりとんファーム

龍神コッコのプリン

龍神コッコのプリン

販売店
菓子工房HOCCO

ロゴ

お問い合わせ

『龍神コッコ普及協議会』

会長
石﨑源太郎
会員
龍神村商工会、龍神村観光協会、龍の里委員会、株式会社龍神村、とりとんファーム
特別会員
和歌山県畜産試験場養鶏研究所

ロゴ

2012年
和歌山県畜産試験場養鶏研究所で、龍神コッコの親鶏である「龍神地鶏」の保護を開始。 努力が実を結び、研究開始当時約70羽しか存在しなかったものが、約400羽まで増やすことに成功。
2015年
県養鶏研究所は、龍神行政局の要望をうけ、龍神村地域の活性化のため、地元の貴重な品種を活用した特産地鶏品種の開発研究を開始。 「龍神地鶏」と優良品種との掛け合わせ研究開始。
2019年
高性能在来鶏品種「ロードアイランドレッド」を掛け合わせた、交配種が完成。
2020年
龍神村内のとりとんファームにて飼育試験を実施。
2021年
県特産地鶏品種として、県知事により「龍神コッコ」と命名、「龍神コッコ普及協議会」を発足。

トップへ